髪の毛を生やす方法 薄毛の原因

MENU

薄毛の原因はシャンプー?病気?薄毛について学ぼう

▼薄毛の原因は奥が深い…

 

「薄毛の原因」といっても、その種類はとても奥が深いです。

 

体の内側から影響する薄毛の原因は、

 

血行不良 ・ ストレス ・ 寝不足 ・ 不規則な食生活

 

などがあげられます。

 

「血行不良」では、髪の毛の発育に大切な毛母細胞に、十分な栄養が行き渡りにくくなり、「ストレス」や「寝不足」では、自律神経に悪影響を及ぼしてしまいます。
これは発育に大切な副交感神経の作用、タンパク質やミネラルの合成、吸収が妨げられてしまうのです。
当然その前提である、吸収するための「食生活」が乱れていても良くありませんね。

 

そして、体の外側から影響する薄毛の原因として

 

シャンプー ・ ドライヤー ・ 花粉やホコリ、チリ

 

といったものが、あります。

 

こちらは「シャンプー」をするときに、爪を立ててゴシゴシ洗ったり、逆に丁寧に洗い落とさずシャンプーが残ったり…。
また「ドライヤー」での、熱による頭皮の乾燥「花粉やホコリ、チリ」の汚れによる毛穴の詰まり。
これらも同じように、頭皮にダメージを与えてしまい発毛の妨げとなってしまいます。

 

▼薄毛は病気?

 

そして、薄毛の原因として「遺伝」や「病気」という可能性もあります。

 

特に、最近になって話題の言葉「AGA」を知っていますか?
「Androgenetic Alopecia」の略である「AGA」は別名、男性型脱毛症と言います。

 

こちらは、髪の毛のサイクルが乱れ、本来ならば6年程度の時間がかかるはずの「髪の毛が伸びる期間(成長期)」が、わずか1年程度で終わってしまうのです。

 

すべての原因は現在、はっきりとわかっていません。
男性ホルモンの一種「「テストステロン」が別の成分に変化して(DHT)髪の毛の作用を抑えてしまうところまでわかりましたが、その理由は未だ掴めていないのです。

 

▼薄毛の原因は複雑!その中で見えてくること

 

薄毛の原因は実に複雑です。

 

中でも、「遺伝」や「病気」という可能性は「自分でどうこうできるものではない」と思ってしまいます。

 

とは言え、複雑な中から見えてくることは、できる限り「髪の毛に良い環境を作り出してあげること」です。

 

・生活習慣を改善して、体内の環境を整える
・丁寧なヘアケアをして、余計なダメージを防ぐ
・育毛剤などを使って、プラスの薄毛対策をしていく

 

これらは、どのような薄毛の原因であっても共通して大切なことなってきます。
しっかりと時間をかけて、薄毛の対策をおこなっていきましょう。

 

薄毛対策の育毛剤の選び方は?