髪の毛を生やす方法 薄毛対策育毛剤

MENU

薄毛対策には育毛剤?発毛剤?種類の違いと特徴

▼薄毛対策で人気のアイテム

 

髪の毛を生やす方法,薄毛,対策,育毛剤・育毛剤

 

発毛促進剤とも呼ばれる「育毛剤」は、血行促進、保湿、フケやかゆみの軽減など
薄毛対策の基礎である「健やかな髪の毛」と「頭皮ケア」へのサポートをしてくれます。

 

直接的に「髪の毛が生えてくる」という効果はありませんが、発毛促進や抜け毛抑制といった育毛成分が配合されているため「髪の毛が生えた」「薄毛の対策になった」と効果を感じる人も多いです。

 

ちなみに、厚生労働省が定めた育毛成分を配合した育毛剤は、医薬部外品のみとなっています。

 

髪の毛を生やす方法,薄毛,対策,育毛剤・発毛剤

 

「発毛剤」は、発毛を促す働きをもっています。
中には、育毛成分を配合した育毛剤を「発毛剤」と同じように扱う人もいますが、正しくは第1類医薬品の「男性用発毛剤」のみです。

 

そのため、育毛剤より優れた効果に期待できる反面、薬や治療と同じように副作用のリスクや正しい処方を受けることが大切になってきます。

 

髪の毛を生やす方法,薄毛,対策,育毛剤・育毛シャンプー
髪の毛を生やす方法,薄毛,対策,育毛剤・育毛サプリメント

 

今、注目を集めている「育毛シャンプー」や「育毛サプリメント」は俗称となっています。
育毛という名はついていますが、育毛剤や発毛剤と違い「薄毛対策」の具体的な作用はありません。

 

薄毛対策の環境作りとして「健やかな髪の毛」や「頭皮ケア」へのサポートをしてくれます。
育毛剤や発毛剤とあわせた使い方で、相乗効果に期待するのが良いでしょう。

 

▼オススメのアイテムは育毛剤?発毛剤?

 

薄毛対策に取り組むなら、育毛剤や発毛剤の使用が欠かせません。

 

効果で言えば、発毛剤の方が優れているように見えますが、残念ながら数回使って髪の毛が生えてくることはありません。
時間をかけた取り組みが大切になってきます。

 

また、発毛剤は薬とした取り扱いになるため、副作用のリスクも考えなければいけません。

 

これらを考えると、じっくり育毛対策をしていくのであれば、育毛成分が配合された「育毛剤」がオススメアイテムとなってきますね。

 

最近では、育毛成分の作用だけでなく更に安全性や低刺激にこだわった、無添加の育毛剤も販売されているので、刺激を感じやすい人の薄毛対策なら育毛剤に配合された「育毛以外の成分」にも注目してみると良いでしょう。

 

注目の育毛剤を見てみる→