髪の毛を増やす方法

MENU

「風邪」も「薄毛」も似た症状?

髪の毛を増やす方法

 

「風邪」原因も症状も様々です。
ウィルスが原因だったり細菌が原因だったり疲れが原因だったり気温差が原因だったりと。
また症状も様々。熱だったり鼻水だったり咳だったり下痢だったりと。

 

「風邪」といっても簡単にひとくくりにはできません。

 

そのやっかいな「風邪」を直すポイントは、原因症状に合ったお薬を飲むこと。
どんなに効き目が強くても、抗生物質はウィルスには効かず、熱さましは下痢には効かず、下痢止めは咳は止められず、市販薬ではインフルエンザは治らないのですから。

 

原因症状をすばやく把握しそれにぴったりの治療を見つけることが、何より早い回復に繋がるわけです。

 

これと全く同じ事が世の男性たちの悩み「薄毛」にも当てはまります。
「薄毛」もまた症状が様々。

 

  • 抜け毛が増えたことによる「薄毛」
  • 細い髪が増えたことによる「薄毛」
  • 抜け毛、細毛同時進行による「薄げ」などなど

 

「薄毛」も風邪同様、簡単にひとくくりにはできないのです。

 

原因症状をすばやく把握しそれにぴったりの治療を見つけることが、何より早い回復に繋がるわけです、これも。

 

そこでまずは「薄毛」の原因究明から。

 

原因@ 頭皮の血行不良

血液は体中に栄養を運びます。血液が滞るということは滞った箇所の細胞が栄養不足になるということ。栄養不足=代謝能力ダウン。新しい細胞は生まれません。
それが毛乳頭内の毛細血管ならば一大事。新しい髪が生えないということです。

 

原因A 頭皮の過剰な皮脂分泌

多忙な生活を言い訳にして、日々の頭皮ケアの怠っていると頭皮は簡単に水分不足の乾燥状態になります。
また刺激性の高いヘアケア商品の多使用も頭皮に確実にダメージを与えます。
そんな乾燥、炎症から頭皮を守ろうと人間は過剰な皮脂を出して頭皮をバリアします。そういう風になっています。
結果その脂が毛穴を塞ぎ、発毛環境は悪化していくのです。

 

原因B 男性ホルモンの影響

俗に言う「ハゲの家系」はこれ。
元々男性ホルモンが毛乳頭細胞に悪影響を及ぼしやすい体質の持ち主ということです。
また遺伝とは別に今話題の「男性型脱毛症(AGA)」もこの男性ホルモンの影響によるもの。
ホルモンからの最も強い影響が髪のサイクルの乱れ。
まだ生え続けていいはずの髪を抜け落ちさせ、新しい髪を不完全なまま生えさせるという「悪の薄毛サイクル」を始めさせるのです。

 

この3つが現在のところ主な「薄毛」の原因といわれています。

 

原因がわかればあとは治療をするのみ。「薄毛」に効くお薬は以下の3つです。

 

「発毛シャンプー」「発毛促進食品」「育毛剤」

 

原因@Aには「発毛シャンプー」プラス「発毛促進食品」がよ〜く効きます。
まず「発毛シャンプー」による頭皮マッサージが頭皮の血行を促進したうえで、毛穴に詰まった余分な脂をきれいに洗い流します。
続いてシャンプー中の主成分が頭皮に浸透し炎症、乾燥を抑えていきます。こうして発毛するための頭皮環境はすっかり整います。

 

そこに登場してくるのが「発毛促進食品」による元気な太い髪!
たんぱく質(ケラチン・亜鉛・大豆イソフラボン)・ビタミン・ミネラルなどの髪の主成分になる栄養をふんだんに取り込んだ食生活は、腰の無かったあなたの髪を太い太い髪へと変化してくれているはず。これはなかなか良い治療法に思えます。事実この方法で髪が復活した方も少なくない。

 

ところがところが悲しいかなこれ程までに効果的な「発毛シャンプー」「発毛促進食品」も原因Bに至っては、実は特効薬ではないといいます。

 

それは原因Bには原因@Aにはない「男性ホルモン」が関与しているから。
外側からの頭皮ケア、生活習慣改善だけではホルモンをコントロールする事までは残念ながら出来ないのです。
そこで必要になってくるのが、3つ目のお薬「育毛剤」です。

 

発毛しやすい環境つくりまでで精一杯だった「発毛シャンプー」
「育毛剤」はちがいます。発毛自体に効く力がある。
「育毛剤」に入っている有効成分が男性ホルモンに直接作用、男性ホルモンからの抜け毛指令をシャットアウトすることが可能になったのです。
もはや遺伝は薄毛の原因にならない。「はげの家系」と諦めていた殿方も今すぐチャレンジするべきです。

 

とはいっても要注意!

 

あわてて目に入った「育毛剤」をとりあえず買ったりしてはいけません。うちに帰ってよく見たら「育毛剤(風)○○○○」なんてかいてあるかもしれない。

 

厚生労働省の厳しい効果基準をクリアしている「育毛剤」こそ試す価値があるのです。
見極めは意外と簡単。
「育毛剤」「有効成分」「薬用」「医薬部外品」商品にこの文字が入っていれば本当の「育毛剤」です。
この文字は厚生労働省が認めたものしか使えない証であります。

 

髪の毛を増やす方法