髪の毛を生やす方法 抜け毛 悩み

MENU

抜け毛の悩みには?

髪の毛を生やす方法,抜け毛,悩み

 

「季節の変わり目か、抜け毛が増えた気がする…」
と思い悩む人も多いですが、正常な髪の毛の場合でも1日に100本は抜けると言われています。

 

抜け毛の悩みも、種類の違いを見極めることが大切。
しっかりとケアしたい抜け毛ならば、育毛剤でアプローチをしていくのが良いでしょう。

抜け毛の悩みには、毛根チェックが欠かせない?!

 

通常でも1日に100本程度抜け落ちると言われる抜け毛。
はたして、問題ない抜け毛なのかケアが必要な抜け毛なのか、見極めるのが難しいですよね。
その悩みは、抜け毛の毛根部分をチェックすることで答えが見えてきます。

 

毛根部分がぷっくりと丸くなっている毛

3〜4年たち毛の寿命を迎えた結果、抜け落ちる髪の毛はこのタイプ。
一般的に誰もが経験する自然の流れなので、量が多くなければ問題ありません。

 

毛根部分が膨らんでいるものの、トゲのような物がある毛

炎症や乾燥など、頭皮の異常により定着力が低下した状態で抜け落ちた毛。
この場合は、保湿や抗炎症作用の効果がある育毛剤のケアが必要です。

 

毛根がなく細い状態が続いている毛

円形脱毛症の場合によく見られるタイプ。
体質や体内の影響が多いため、身体の外側と内側からしっかりとケアが必要です。

 

毛根があるものの極端に短い毛

髪のサイクルの成長段階で抜け落ちた可能性が、このタイプ。
頭皮のケアが必要になるため、刺激の少ない種類の育毛剤がおすすめです。

 

毛根がなく途中で切れている毛

直接、薄毛に繋がる抜け毛ではないものの、髪の栄養補給が必要な場合も。
シャンプーやコンディショナーだけでなく、頭皮からのケアも有効です。

抜け毛の悩みはアクションをおこすのがカギ?!

 

抜け毛といっても、色々な種類があることがわかりました。

 

そして、一般的に寿命を迎えた抜け毛以外の場合。
共通して、頭皮や毛根、身体の内側など何かしらのトラブルを抱えていることも見逃せない部分。
中には時間をかけた取り組みが、髪の毛を生やす方法となってくる種類もあります。

 

抜け毛の悩みを感じたら、敏感にキャッチしてアクションを起こすのが大切。

 

有効成分や配合エキス、無添加タイプなど、色々な育毛剤が今では用意されています。
自分の抜け毛の悩みに良いアプローチをしてくれる育毛剤で、しっかりとケアをしていくのが改善へ繋がっていくことでしょう。

 

 

注目の育毛剤を見てみる→